引越し比較研究所
プライバシーポリシー利用規約運営会社・お問合せリンク集
TOP
YES/NOチャートで一括見積サイト診断
一括見積ランキング
総合ベスト5
提携引越し業者数
特典・割引
コンテンツ充実度
大手引越し業者提携
引越し見積全一覧
引越し基礎知識
引越し手続き一覧
引越しの手引き
レンタカー情報
引越しのお役立情報
不用品の処分方法
専門業者に依頼
引越しQ&A
引越しコラム
引越しの歴史
安い午後便
キャンセルについて
引越しチェックシート
家財チェックシート
荷造りチェックシート
 

いろいろと面倒な引越しの手続き。下記の引越し手続き一覧を参考にして、変更漏れのないようにしましょう。

公共機関の引越し手続き
項目 手続きを行う場所 手続きに必要なもの 手続き方法
転出証明
転出届
役所 ・印鑑・身分証明(免許証など)
※代理の場合は委任状が必要
転出届を提出すると、転出証明書を発行します。転出証明は、転入届を提出する際に必要です。転出14日前から受付。
転入届 ・印鑑 
・身分証明(免許証など)
※代理の場合は委任状が必要
・転出証明書
転入後14日以内に行うこと。転出証明書を失くしてしまった場合は、転出先の区役所で「転出証明書に代わる証明書」を発行してもらいます。
国民健康保険 ・印鑑
・国民健康保険証
転入後14日以内に行うこと。
国民年金 ・印鑑
・国民健康保険証
すでに年金を受給されている方は、各制度ごとに、『住所変更届』を提出します。
児童手当 ・印鑑
・年金加入証明書
・預金通帳
・所得証明書
受けている年金の種類により手続き方法が異なります。詳しくは管轄の役所まで、お問い合わせください。
印鑑登録 ・印鑑証明書
・登録印
転出先で印鑑登録をしている際は、印鑑登録廃止届を提出。(地域によって異なります。)転入先で新たに印鑑登録を行います。
廃犬届
蓄犬登録
役所または保健所 ・印鑑 転出先で廃犬届を提出。転居先で旧鑑札を提出し、蓄犬登録をします。(地域で異なります。)
粗大ごみ 清掃事務所 収集日の3〜4日前に連絡します。ごみの量によって料金が異なります。
原付自転車 陸運支局 ・印鑑
・住民票
・廃車控
・車体ナンバー控
転入後15日以内に行うこと。同じ原付を使用する場合、転出先で廃車の手続きをしてから、転入先で登録手続きを行います。市内で住所変更した場合は、手続きは必要ありません。
自動車
自動二輪
・印鑑
・住民票
・車検証
・車庫証明書(2輪は不要)
転入後15日以内に行うこと。同じ車を使用する場合、転出先で廃車の手続きをしてから転入先で登録手続きを行います。陸運支局が同じ管轄内であれば、ナンバーは変わりません。
運転免許証 警察署
各試験場
運転免許更新センター
・免許証身分証明(住民票の写し/健康保険証/消印付はがき/公共料金の領収証) 
・外国人登録証明書(外国人の方のみ)
免許証、県外転居の場合は、免許証用の写真が1枚必要です。警察署は平日のみ。代理人でも変更が可能です。手数料はかかりません。更新1ヶ月前なら更新時に変更可能
郵便物の転送 郵便局 ・身分証明(住民票など新住所が記載されているもの) 郵便局の窓口に置いてある「転送届」に必要事項を記入し、それをポストに投函。


生活設備関連の手続き
項目 手続きを行う場所 手続きに必要なもの 引越し前 引越し後
電話 NTT 特になし 116に連絡し、電話の移設手続きを行います。電話工事は予約制なので、早めに連絡を。NTTのホームページからでも手続き可能。 特になし
インターネット プロバイダー 特になし プロバイダーに連絡し、移転手続きを行います。引越し後の利用コースなども決めておくようにしましょう。 特になし
電気 電力会社 ・お客様番号(電気使用量のお知らせに記載)
・使用開始時のメーター数
管轄の電力会社に移転の連絡をします。電力会社のホームページからでも手続き可能。 電力会社の開始申込書に記入して投函します。
ガス ガス会社 ・お客様番号(ガス使用量のお知らせに記載) 管轄のガス会社に移転の連絡をします。ガス会社のホームページからでも手続き可能。 開栓日は立会いの下、ガス器具の調整などを行います。
水道 水道局 ・お客様番号(水道量のお知らせに記載) 管轄の水道局に移転の連絡を連絡します。 水道局の開始ハガキに記入して投函します。



引越し比較研究所 - -